スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざる培養で、太りを得る1

 今回は、ベランダ盆栽でも、畑地上げに負けない太りを得る方法の紹介です。

 一般的に、畑に植え込むと太りが早くなることは、周知の事実ですけど、根も走り、枝も走り、太りは得るが、小枝ができにくいと言う欠点があります。
 しかも、なかなか畑を持ってまで、盆栽をすることはできないと思います。

 そこで、既に有名かと思いますが、『ざる』を使用した育成方法です。
ざるを使うことにより、走り根を止め、そのことによって、小枝もでき、調整もしやすい便利な育成方法です。
 なぜ、太るかと言うと、通気性・水はけが良いことにより、肥料をがんがんあげることによる培養ができることによるものです。
  
ただ、太れば良いかと言う問題は、個々の判断でお願いします。

 時期的には、樹種にもよりますが、4月白根が出る前が良いと思います。

 まず、100円ショップ等でざるを用意します。
DSC00863_convert_20080630215702.jpg


 次に、用土を準備します。
 用土の割合は、私の場合は、赤玉4、山砂4、鹿沼土2をそれぞれ荒目に骨粉を基本用土して、ミックスします。
↓写真は、ミックス前です。
 用土のバランスは、水遣りの回数によりますが、毎日3~4回はあげられる人は、鹿沼土の変わりに、もっと山砂をいれてもいいかと思います。
DSC00861_convert_20080630220150.jpg


 そして、ざる半分に基本用土をいれて、
下から、苗を固定するためのアルミ線を仕込みます。
 その際、用度は少し湿らせておいた方が、苗の根も傷まず、
しっくりと根を固定できます。
DSC00869_convert_20080630220721.jpg


 今回は、ここまでで、次回苗を実際に植え込みます。

 ざる培養は、黒松に良く使われる手法ですが、ロウヤガキ、姫りんごでも
有効な方法として使われてます。
スポンサーサイト

theme : 草花
genre : 趣味・実用

姫サルスベリの改作

 姫サルスベリの改作をしました。
 平成18年8月 山野草店で購入したもの。
 
 骨格だけ作りつつあったのですが、コケ順が悪く、
棚下で放置していたので、荒れ放題です。

 H20.6.17撮影 樹高約20センチ 
DSC00848_convert_20080618230956.jpg
 
 ↓上部のアップ
 DSC00849_convert_20080618231100.jpg
 

 ↓まず、頭部が団子状に枝分かれしていたので、思い切って切断。
   V字にナイフで切りなおし、挿し木用にしました。
DSC00850_convert_20080618231238.jpg
 

 左右の枝も短くして、少し斜めに植えたいと思います。
 DSC00851_convert_20080618231326.jpg
 

 ビニールポットからはずして、底と周辺を2センチぐらいぐるっと切り込みます。
 DSC00852_convert_20080618231404.jpg
 

 割り干し等で、徐々にほぐしたら、下のようになりました。
 DSC00853_convert_20080618231501.jpg
 

 根洗いをすると、いままで(ひとさし指の所)根が出ていたところは、
上根であったことがわかったので、上部の根を切りました。
 DSC00854_convert_20080618231546.jpg


 こんな感じになりました。
 DSC00855_convert_20080618231632.jpg
 

 鉢を用意します。事前に底にネットと樹木を固定する針金をしております。
 DSC00856_convert_20080618231716.jpg


 私の場合は、ミニ盆栽の時、一番底に山砂(荒い)をしいて、
花・実盆栽は、次に骨粉を元肥として入れ、
その上に基本用土『砂(細)3:赤玉(細)7』で、
真ん中を山盛りにします。
 DSC00857_convert_20080618231810.jpg


 完成です。樹高7センチになりました。
DSC00858_convert_20080618231855.jpg


 これに、水をたっぷり、下からにごり水が出なくてなるまであげて、
1週間程、半日影で様子を見ます。
 2~3週間後、ちゃんと、芽が吹いたのを確認して、肥料をあげます。

 さて、うまく根付くといいな~。

theme : 草花
genre : 趣味・実用

ロウヤガキの剪定をしました2

 8つ付けていた柿の実が残り2つになってました。
落下した枝を中心に、強めの剪定をして、来年に備えます。
DSC00846_convert_20080616224353.jpg


 同時に上を向いている枝を押さえるため、針金巻きました。
 DSC00847_convert_20080616224440.jpg
  

theme : 草花
genre : 趣味・実用

MY盆栽集の作り方

 盆栽ブログを始めて、こつこつデジカメで写真をとっています。
 日々の記録を撮ると共に、成長の結果がわかり、
楽しいブログ生活をしています。

 まだ、人様に見せられる立派な盆栽はないのですが、
数年後には、立派な盆栽棚にしたいです。

 その際は、自分のご褒美にミニ写真集と作ってみたいと
思ってます。

 先日本屋さんに行ったら、立派な盆栽写真集があったのを見て
『こんなのができたらいいな~』と
ネットを検索していたら、おもしろい会社があったので、
紹介します。

 自分で撮ったデジカメ写真をプロの人が、
銀塩写真紙と製本技術で、ちゃんとしたミニ写真集を作ってくれます。

 一番小さい写真集のサイズの『ポケット写真集』で
『10ページで1,480円』で、これに『送料525円』
 意外に安くてできるな~と感想です。

 このぐらいの値段だったら、私の小遣いでできそうです。

 早速、私の好きなロウヤガキの四季の移り変わり写真集に
しようかと思ってます。

 もっと早くこんなシステムがあったのを知っていれば、
こまめにデジカメで撮っていたのに・・・。

 とりあえず専用ソフトをダウンロードしました。




 あとは、春・夏・秋・冬のそれぞれの時期に
写真を撮るだけです。

 ・・・って、写真の技術もないから、
うまく撮れる方法も勉強しないといけないんですけど(笑)

theme : 草花
genre : 趣味・実用

ロウヤガキ 徒長枝の剪定をしました

 この『ロウヤガキ(姫柿)4』、残念ながら、結局実は全て落ちてしまいました。
 雄木を近くにおいていなかったため、うまく交配できなかったのが、原因だと思う。

 よって、徒長枝を中心に思い切って、剪定しました。

 足元にひこばえができています。こちらは様子見中です。
DSC00843_convert_20080613212927.jpg

 
 足元のアップです↓
DSC00844_convert_20080613213758.jpg

 肥料と骨粉をいれました。白いのが骨粉です。
 骨粉は、リン酸を多く含み、特に実物盆栽には必需品です。
 骨粉の効果は、意外に長く10年以上もあると言います。
 
 『良くきれいな桜の木の下には、人骨がある』
とか恐い話がありますが、うなずけます。

 剪定した枝です↓
 DSC00842_convert_20080613213457.jpg
 
 この剪定した枝を挿し木に、昔なんども挑戦したことがありますが、
結局は根が出ませんでした。
 いろいろ調べてみましたが、難しいようですね。
 ロウヤガキは、実生か根伏せが有効です。

 写真の右上が愛用の肥料です。
 『グリーンキング』を使ってます。ペレット状で、くさくないのが良いです。

 素材の段階では、安価な玉肥を使ってます。
 鉢に上げた後は、この『グリーンキング』です。おすすめです。

↓楽天では、1KGで1,100円で売ってます。


 

theme : 草花
genre : 趣味・実用

ネットで盆栽を買うお得な方法

 近くに盆栽店がなく、それでも盆栽を買ってみたい、
若しくは見てみたい方に、お勧めは『ネット販売』です。

 なかでも『楽天』は、日本最大級のネットショッピングで、
いろいろな盆栽店が入店しています。

 私もちょくちょく覗きに行くのですが、まだ買ったことはありません。
 どうしても、手元で見てみたい気持ちがあるからです。

 でも、珍しい樹木や、欲しかったサイズの物があったので、
買ってみようかと思います。

 そこで、『楽天』で買うためのちょっとお得な方法を見つけてきました。
それは、『楽天カード』です。年会費、入会費無料のクレジットカードで、
100円買うことに1ポイント、ポイントがたまります。
 楽天市場だと100円で2ポイントになります。

 1P=1円なので、普通に買うよりは、ちょっとお得だと思います。

 さらに、今キャンペーン中なので、カードを作るだけで、
2000Pもらえます。
 この2000P分で、一つ買ってみようかと思います。

 まだ、カードをもっていない人は、要チェックですよ。>_<! 




 例えば、素材だったら、これが98円(写真をクリックすると、詳細な情報がわかります)




逆に2,300万円(ひえええ~)のシンパク




 特におすすめのショップは、
『はなだて』オンラインショップ

 私の小遣いでも買える2,000円から3,000円で品種も豊富です。

 カードが届くのを楽しみにして、ネット盆栽生活を楽しみたいです。

 でも、ネットで見ているだけでも楽しいですけどね♪

theme : 草花
genre : 趣味・実用

盆栽の教科書

 私が、盆栽をする上で教科書としているのが、下記の本です。
盆栽入門盆栽入門
(2002/05)
群 境介

商品詳細を見る


 この本を見たら、私みたいな初心者は一からわかると思います。
いろいろな盆栽の本を買いましたが、この本が一冊あれば全てが足りるかと思います。

 また、筆者の方(群境助さん)のHPが、とても参考になります。
 HP先→群境介と幸子のミニ盆栽


 あと、古本屋さんで時折、『近代盆栽』『盆栽の世界』等の雑誌が、
1冊100円ぐらいで売られている時があります。

 1983年等、今から20年~30年前発刊の雑誌が
まとめて書棚に並んでいたのですが、
たぶん、盆栽が好きな年配の方が、大切にしていた本だと思います。

 しかし、その方が趣味をなんらかで辞めざるをえなかったか、
若しくは亡くなった後、
まとめて売られたのだと思います。
 いろいろな技法が書いており、勉強になります。

 

theme : 草花
genre : 趣味・実用

シンパク、そろそろ芽摘みをやろうかな

平成18年10月頃、近くの盆栽即売会で買ったもの。

 当初、石付きで、まっすぐ植わっていたものを、一回り小さな鉢で、斜幹にしました。
 先端を切り落としているのがわかると思います。

 コケがつき、だんだん風格も増してくるかな~。

 ただ、芽摘めをあまりしていないので、だらしなく、葉先が広がってます。

 シンパクの芽摘めは、4月から9月まで、指で摘んでいくのが基本だそうです。
H20.6.7撮影「シンパク」 樹高10センチ
DSC00841_convert_20080607220207.jpg
 

theme : 草花
genre : 趣味・実用

ハゼの木がすくすくと育ち、剪定しようかな・・・

平成18年10月頃、ホームセンターで買ったもの。

 ハゼの木は、紅葉が美しいので、お気に入りの一つです。

 一度、剪定をして、胴吹き芽で、作っていますが、やや腰高になってます。

 足元は、徐々に太りしっかりとした根張りになりつつあります。

 
H20.6.7撮影「ハゼ」 樹高 18センチ
DSC00840_convert_20080607214725.jpg
 

theme : 草花
genre : 趣味・実用

ロウヤガキ(姫柿)4

平成18年10月頃、職場の上司にもらったもの。

その人は、黒松の大型盆栽が専門であるが、ロウヤガキ、梅等もしている。

家を訪ねると、立派な黒松がいっぱいあり、大型盆栽の迫力は、すごいものだと感じたことでした。

ただ、ベランダ盆栽では、一番スペースをとり、大変である。

同時に雄木のロウヤガキと、黒松を頂いた。

 時折、育て方がわかんない時は、いろいろ教えてくれるので、非常に助かります。
 
H20.6.1撮影「ロウヤガキ(姫柿)4」 全幅約60センチ 高さ40センチ
DSC00763_convert_20080602230906.jpg
 

DSC00765_convert_20080602231050.jpg

 足元が蛇のように、ニュ~っとしているので、おもしろい。根ぶせのようだ。
 その周りから、新芽が次々とでてくる。ロウヤガキは、非常に生命力がある木だと思う。

theme : 草花
genre : 趣味・実用

プロフィール

takataka

Author:takataka
ベランダ盆栽をしているtakatakaです。現在30歳。嫁と子供に邪魔と言われながら、ベランダの隅っこでミニ盆栽をしてます。ロウヤガキに魅せられて、ミニ盆栽を始めました。

カテゴリー
月別アーカイブ
おすすめブログ
相互リンク先募集中>_<!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

逆アクセスランキング
お得情報
My盆栽集の作り方       
PING送信
盆栽情報
にほんブログ村 花ブログ 盆栽へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
最近の記事+コメント
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。